「フェイスシールド」を3Dプリンターで作らせていただきました!

「フェイスシールド」を3Dプリンターで作らせていただきました!

福岡県内の小児科医院様から、診察中に使えるフェイスシールドの制作を依頼いただきました。

フェイスシールドとは、顔全体を透明フィルムで覆うことで、飛沫の飛散と飛来を防止する保護具です。

正規のルートでは全く手に入らない状態が続いているようで、自作できる方法を探していたところ、こちらのサイトでオープンソースになっている「3Dプリンターで作れるフェイスシールド」のデータを見つけ、今回制作されました。こちらは、大阪大学大学院医学研究科で設計された、一般人でも作りやすい簡易的なフェイスシールドです。

「フェイスシールド」を3Dプリンターで作らせていただきました!
「フェイスシールド」を3Dプリンターで作らせていただきました!

こちらが軸となる構造。先端の太くなっている部分に、薄いフィルムを固定できる返しがついていて、ここに市販の透明なA4クリアファイルを挟み込むだけで完成する仕組みです。

「フェイスシールド」を3Dプリンターで作らせていただきました!
「フェイスシールド」を3Dプリンターで作らせていただきました!

伸縮性のあるU字型の構造部分を、頭に装着すればフェイスシールドとして使用できます。
一般に手に入りやすいA4クリアファイルを代用した、非常にシンプルで優れた設計だと思います。

新型コロナウイルスの影響を受けて、各地で3Dプリンターで制作する需要が高まっているようです。
ファブラボ博多では、依頼を受けて出力代行も承っています。ご来店が難しいご時世になりましたので、ぜひ積極的にご依頼ください!

この記事を書いた人

taro taro@fablabhakata.com
空間デザインの視点から、いろんなものを集めてコーディネイトするのが得意です。丹精を込めて作られ、時間をかけて使い古されたものに魅力を感じています。 これからのDIYシーンはデジタル機器を使うことでさらに拡大します。異なったバックグラウンドを持つ人々が集い、そこで新い何かが生まれる「場」を提供していけたらと思っています。