オリジナルペンライトをアクリル板でDIY!

九州を拠点とするアイドルグループ「九星隊」の熱狂的ファンの皆さんが、
アクリルのオリジナルペンライトを作りに来てくださいました。

コンサートやライブの必須アイテム、LEDで光るペンライト。
そのペンライトの持ち手の部分だけを残し、先に好きな形のアクリル板を挟むことで、アクリル板を光らせることができるんです。
最近はこのような手法のペンライトがトレンドのようですよ^^

今回のお客さんは、先端につけるアクリル板を市販のものではなく、デザインから完全オリジナルで手作りしにきてくださいました〜!

九星隊なので、星形のデザイン。真ん中にはそれぞれの推しメンバーのサインが入っています。
このデザインをそのまま、レーザーカッターで透明のアクリル板に彫刻していきます。

オリジナリティがあって、他のファンのペンライトと差がつきそう!
仲間にイラストレーターが使える子がいると、心強いですね。

アクリル板は保護シートの紙をつけたまま加工した方が、綺麗に仕上がります。
加工後、保護シートを剥がすのですが、お水につけてから取るとペロペロ剥がれて気持ちいいのです。
みんなでの作業はとても楽しそうでした。

こちらが仕上がったアクリル板。
彫刻して、白くすりガラス風になった箇所が、今回のポイント。
LEDライトに装着してライトをつけると、白く彫刻した部分+エッジに色がついて、綺麗に発光するのです!

これは、ペンライトとしてはかなりのクオリティー!!
推しメンバーへの想いも伝わりそう。
「あれはどこで買えるの?」って他のファンの話題になること間違いなしですね。

売っていないものは、自分で作ればいい。
そんな熱い想いの詰まったDIYも、ファブラボ博多でお手伝いできますよ〜!

この記事を書いた人

taro taro@fablabhakata.com
空間デザインの視点から、いろんなものを集めてコーディネイトするのが得意です。丹精を込めて作られ、時間をかけて使い古されたものに魅力を感じています。 これからのDIYシーンはデジタル機器を使うことでさらに拡大します。異なったバックグラウンドを持つ人々が集い、そこで新い何かが生まれる「場」を提供していけたらと思っています。