アニメーター向け「タブレットスタンド」を制作していただきました!

代々木アニメーション学院でアニメーターの講師や運営をされている西山さんが、アニメーター向けの「タブレットスタンド」を作りにきてくださいました。

最近のアニメーターさんは、作画のデジタル化が進んでいます。

直接タブレットに描き込むのがポピュラーになってきているようで、より描きやすくするため、タブレットを少し斜めに寝かせて作画できるスタンドをデザインし、ファブラボ博多のレーザーカッターを使って制作されました。

スピーカーやペンもぴったりと入るように設計されていて、とても使いやすそうです!

レーザー彫刻でロゴも刻印されています。

気軽な気持ちでネットショップのBASEで販売を始めたところ、早速飛ぶように注文が入ってきているようです!

確かに、動画を見たりするためのタブレットスタンドはたくさん見かけますが、このようにしっかり作画できるように設計されたスタンドは、まだあまり見かけたことがないですね。

ご自身がアニメーターの講師もされているので、しっかりと使う人の立場に立ってデザインされています。

プロアニメーターの痒いところに手が届く商品ですね。

皆さんも、自分だけのプロダクトを思いついたら、ぜひファブラボ博多に作りに来てくださいね!

この記事を書いた人

taro taro@fablabhakata.com
空間デザインの視点から、いろんなものを集めてコーディネイトするのが得意です。丹精を込めて作られ、時間をかけて使い古されたものに魅力を感じています。 これからのDIYシーンはデジタル機器を使うことでさらに拡大します。異なったバックグラウンドを持つ人々が集い、そこで新い何かが生まれる「場」を提供していけたらと思っています。